ホクロの知識ホクロの知識

ほくろの仕組み

ほくろは、色がないものから茶色のものもあり、小さなうちものはシミやソバカスと間違われることもあります。
小さなものはレーザーで取れますが、5mm以上盛り上がっているものは、再発や治療の跡が凹んでしまうのを避けるため切除手術で取り除きます。「単純黒子」は、皮膚のごく浅い部分に出るほくろで、薄茶色のものから黒いものまでさまざまあります。

大きさは1~2mmと小さいものが多く、私たちが「色素性母斑」と見分けるのは難しいでしょう。

ほくろの種類

ほくろには「単純黒子」「色素性母斑」と大きく分けて2種類あります。

一般的にほくろと呼んでいるのが「色素性母斑」です。別名「母斑細胞性母斑」とも呼ばれ、メラニンを作り出す能力がある母斑細胞が増殖し、徐々に盛り上がってくるほくろです。

その他のほくろの種類

ほくろの深さによって、「境界型」「複合型」「真皮内型」に分類できます。

「境界型」のほくろは、表皮の浅い部分や真皮との境界部分に母斑細胞が増えてできます。紫外線の影響を受けやすいため、大きくなったり数が増える可能性もあります。

「複合型」は、境界線を越え真皮の奥まで母斑細胞が広がったタイプのほくろです。一度できると消えることがないので、紫外線対策をしっかりとしてメラニンの生成を抑える必要があります。

「真皮内型」は、真皮の中だけに母斑細胞があるほくろで、「複合型」や「境界型」が変化したものだと言われています。

また、1~5mm前後の赤いほくろは「老人性血管腫」と呼ばれ、年齢を重ねることで増えてくるほくろです。さらに、通常のほくろよりも色が濃く青みを帯びているほくろは「青色母斑」と呼ばれています。このようにほくろには色々な種類があり、色や大きさがそれぞれ違います。

施術をもっと詳しく(高須クリニックへ)施術をもっと詳しく(高須クリニックへ)

美容整形なら高須クリニック

ページTOPへ