ホクロの知識ホクロの知識

ほくろはどうしてできるのでしょうか?

ほくろは漢字で「黒子」と書くように、メラニン色素を産み出す母斑細胞が皮膚の中に集中するため黒く見えます。また、集中する場所が皮膚の奥だと、色が青みがかった「青色母斑」となります。

ほくろには先天性のものと後天性のものがあり、先天性は遺伝子によるもので思春期ぐらいまでにでき、後天性はそれ以降にできたものとされています。

その原因には、大きく分けて2つあります。一般的に知られているのが「紫外線」です。紫外線を浴びると細胞が傷つくのを防ぐため、メラノサイトはメラニンを作り出し紫外線を吸収します。
夏場に日焼けをしても、新陳代謝が活発で肌サイクルが正常に働いていれば、肌は元の状態に戻ります。
ところが、紫外線を浴びる量が多過ぎたり、最近ではオゾン層の破壊により有害紫外線が降り注ぐようになったため、肌へのダメージが大きくなり皮膚ガンの患者数も増えてきています。

「外部刺激」によってできるほくろ

さらに、紫外線以外にも「外部刺激」によりほくろができることがあります。キツイ下着や靴などで皮膚が頻繁にこすれたり、仕事などでカラダの同じ部分に常に熱や重量がかかっていたりなど、こすれたり圧迫されたりすることで細胞が傷ついてしまうためです。

「ストレス」も原因の一つ

過剰なストレスにより、ホルモンバランスを崩した結果、ほくろができることもあります。

見た目ではほくろと区別しずらいため、発見が遅れることもありますので、ほくろの大きさや形など「ほくろと病気の関係」のページを参考にし、該当する症状がある場合には早目に診察を受けるようにしましょう。

施術をもっと詳しく(高須クリニックへ)施術をもっと詳しく(高須クリニックへ)

美容整形なら高須クリニック

ページTOPへ