ほくろ講座ほくろ講座

盛り上がったほくろはレーザーで除去できる?

2016年10月14日 更新

盛り上がったほくろもレーザーで除去できる?

レーザーでほくろを除去する仕組み

1cm程度までのほくろであれば、メスを使った切除手術ではなく、CO2(炭酸ガス)レーザーで除去するのが一般的です。レーザーをほくろに照射して、くり抜くようにほくろを削り取って除去します。
施術時間はものの数分。除去後の傷跡も1週間ほどで徐々に落ち着き、3ヵ月も経てばほとんど目立たなくなります。

そのようにほくろ除去に大きな力を発揮するCO2レーザーですが、平らなほくろだけでなく、盛り上がったほくろも除去することができるのでしょうか?

答えはYES。実は盛り上がったほくろであっても、レーザーでの除去が可能です。また、ほくろのほか、イボも同様にレーザーで除去することができます。

ほくろを除去したいけれど、「盛り上がっていて大きいので、手術じゃないと無理なのでは…と不安だったものの、レーザーでもOKと聞いて安心した」という方も、中にはいるかもしれませんね。

切除するか、レーザーで除去するかを判断するポイントは?

では、ほくろをレーザーで除去するか、それとも手術で切除するのかは、何をポイントに判断しているのでしょう。

  1. 1つ目のポイントとなるのは、前述の通り「大きさ」です。最初にも言いましたが、あくまで目安ではあるものの、1cmを超える大きさのほくろは、レーザーではなく手術で切除するのが一般的となっています。「1cm程度のほくろなんて、結構多いんじゃないの?」と思うかもしれませんが、実際大きさを測ってみると、1cmを超えるものはあまり多くありません。気になる方は、直径1cmの円を書いてみてください。思ったより大きいことがわかるでしょう。
  2. 2つ目のポイントとして挙げられるのが、「患者さんの意向」です。レーザーで十分に除去できる大きさのほくろであっても、患者さんが再発を嫌がったり、跡が残ることを懸念したりした場合、メスでの切除手術を行うことがあります。

レーザーの場合、除去後の通院の必要がなく、アフターケアがラクなのですが、切除手術の場合、入院こそ不要なものの、抜糸や消毒のため通院が必要です。それぞれの方法のメリットとデメリットをよく把握して、自分の要望に合った方法を選択しましょう。

医師の技術も大きく関係、信頼のおける美容皮膚科を受診して

ほくろの除去には、担当する医師の技術力も大きく関わってきます。再発をおそれるあまり、レーザーで削る範囲が大きくなってしまうと、皮膚がうまく回復せず、くぼみができてしまうことも。ほくろが気になって除去しに行ったのに、「これならむしろ、ほくろを取らないほうがよかった…」という事態を招くこともあるでしょう。

たかがほくろ、されどほくろ。一度施術を行った後は、もう元には戻せません。後悔が残らないよう、いくつかの病院でカウンセリングをして、信頼のおける医師に施術してもらってください。

ほくろ講座一覧に戻る

施術をもっと詳しく(高須クリニックへ)施術をもっと詳しく(高須クリニックへ)

美容整形なら高須クリニック

アートメイクでほくろを作るときの注意点

アートメイクでほくろを作るときの注意点New

「落ちないメイク」としてアイブロウやアイラインなどを描く人の多いアートメイク。それを利用して、ほくろを作りたいという人もいるようです。今回はアートメイクによって、ほくろを作るときの注意点をまとめました。

ほくろから生えた毛の処理

どうするのが正解?ほくろから生えた毛の処理方法New

ほくろから生えた毛=ほくろ毛はどのように処理していますか?主な処理方法として「抜く」「剃る」「切る」の3つがありますが、ほくろから生えた毛はどの方法を選択するのが正しいのでしょうか。正しいほくろ毛の処理方法をご紹介します。

突然出現するほくろ

初夏~夏が要注意、ほくろには増えやすい季節がある

いつの間にか増えているほくろ…実はほくろのできやすさは、季節によっても違ってきます。ほくろが増えやすい季節と対策法をご紹介します。

舌にできたほくろ

舌にできたほくろは何科で除去すればよいですか?

「ほくろの除去は皮膚科や美容皮膚科で」ということを知っている人は多いでしょう。しかし実は、皮膚科で除去できないほくろがあるということ、ご存じでしたか?

ほくろの原因

ほくろのできやすい箇所、できにくい箇所

体のあらゆる場所にできるほくろですが、できやすい箇所とできにくい箇所があることをご存じでしょうか。今回はほくろのできる原因と、できやすい箇所・できにくい箇所について解説します。

レーザー除去

レーザーでほくろが取れるなら、エステでもできますか?

レーザーでほくろが除去できるのなら、脱毛でレーザーを使っているエステでも、ほくろの除去ができるのでは? そう思う人も少なくないでしょう。実際のところはどうなのでしょうか。

本

なぜ「ほくろ」と呼ぶのか――ほくろの語源

私たちは当たり前のように、体にある黒い斑点のことを「ほくろ」と呼んでいますが、そもそもなぜ「ほくろ」と呼ぶのか、その語源を知っていますか?ほくろという言葉の語源や英語では「ほくろ」を何と言うのかなど、今回はほくろにまつわる言葉を紹介します。

ドット

一度に除去できる、ほくろの数は何個まで?

顔のような目立つ場所にほくろがたくさんある人の中には、1回の施術で複数のほくろを除去してほしいと思う人もいるでしょう。一度の施術で除去できるほくろの数に制限はあるのでしょうか?制限がある場合、何個までOKなのでしょうか?今回は一度の施術で除去できるほくろの個数について調べます。

化粧品

顔のほくろを目立たなくする小ワザまとめ

ほくろのうち、顔にあるものは特に毎日目にするので、気になって仕方がないという人もいるでしょう。気になるのならば取ってしまうのがよいですが、そこまででもない、でも…というときに使える、ほくろを目立たなくする小ワザをご紹介します。

化粧品セット

ほくろ除去の後、洗顔・入浴・メイクについて

ほくろを除去すると、「しばらくは洗顔ができない」「入浴ができない」「(顔のほくろの場合)メイクができない」といったデメリットがあると言われています。ほくろの除去が入浴やメイクに支障をきたす期間は、一体どのくらいなのでしょうか。

健康保険

ほくろの除去に健康保険が使える場合、使えない場合

ほくろを取りたい…そう思っても、ほくろの除去といえば健康保険が使えない自費診療=高いというイメージが強く、それがネックになっていた人もいるでしょう。実は、ほくろの除去でも健康保険の適用になるケースもあるのです。

レーザーでほくろを除去する仕組み

盛り上がったほくろはレーザーで除去できる?

簡単にほくろが除去できることで知られている、ほくろのレーザー治療。小さなほくろなら除去できることは皆さんご存じの通りですが、盛り上がったほくろもレーザーで除去することができるのでしょうか?

レーザーでほくろを除去する仕組み

レーザーでほくろを除去する仕組み

「ほくろ除去にはレーザーを」と、よく言いますが、そもそもなぜレーザーでほくろを除去できるのでしょうか? 今回は、ほくろのレーザー治療の根本的な仕組みについて解説します。 

ほくろに痛みやかゆみが…これって大丈夫?

ほくろに痛みやかゆみが…これって大丈夫?

大きなほくろは時として、痛みやかゆみを感じることがあります。かきむしってしまって、かさぶたになることもあるのでは。ほくろに痛みやかゆみがあるのは、何か病気のまえぶれなのでしょうか? 原因と対処法を紹介します。

自分の体の好きなほくろ、嫌いなほくろ

自分の体の好きなほくろ、嫌いなほくろ

自分の体にあるほくろの中には、「チャームポイントなので好き」というものもあれば、「本当に目障り、ここにほくろがなければいいのに…」と思うものもあるでしょう。そんな、体の中で「好き」と思うほくろ、「嫌い」と感じるほくろを場所別に紹介します。

ほくろを小さくしたい!これって可能ですか

ほくろを小さくしたい!これって可能ですか

「ほくろを取りたい」という悩みはよく聞きますが、なかには「完全に除去するのではなく、あえて小さくしたい」という人もいるようです。ほくろを小さくすることはできるのでしょうか?

タトゥーでほくろが増えるのか?タトゥーとほくろの関係いろいろ

タトゥーでほくろが増えるのか?タトゥーとほくろの関係いろいろ

タトゥーは、ほくろの原因である「皮膚への刺激」にあたるほか、色素を肌に入れるため、色素沈着がおこりやすい状態にあると言えます。タトゥーが原因でほくろが増える、ということはあるのでしょうか?

自分でほくろを取りたい!皮膚科以外でほくろを取る方法

自分でほくろを取りたい!皮膚科以外でほくろを取る方法

気になるほくろは皮膚科で除去するしかないのでしょうか?自分でほくろを取る方法と、その安全性について解説します。

ほくろの多い人と少ない人は何が違う?

ほくろの多い人と少ない人は何が違う?

ほくろの多い人と少ない人、一体何が違うのでしょうか?ほくろの数が決まるポイントについて調べました。

手のひらのほくろ…がんになりますか?

手のひらのほくろ…がんになりますか?

手のひらのほくろは、がんになる?まれに本当にがんであることもあるため、注意が必要です。

ほくろは数えると増える?

ほくろは数えると増える?

「ほくろを数えると増える」のは本当?言い伝えの真偽や、ほくろを増やさないための方法を紹介します。

取りたいほくろがあるけれど、ほくろ占いが気になる

取りたいほくろがあるけれど、ほくろ占いが気になる

取ってしまおうと思っていたほくろが、幸運をもたらす位置にあると知ったら・・・。そもそもほくろ占いには、本当に根拠があるのでしょうか。

ほくろを除去したのに再発!なぜ?

ほくろを除去したのに再発!なぜ?

気になっていたほくろを取ったのに、しばらく経ってふと見てみると、またできてる…?こうした状態が見られるのは一体なぜなのでしょう?

ほくろとシミは何が違う?

ほくろとシミは何が違う?

ほくろとよく似たものに「シミ」があります。ほくろとシミの共通の原因とおすすめの治療法をご紹介します。

悪性はがんになる!? ほくろの良性と悪性の違い

悪性はがんになる!? ほくろの良性と悪性の違い

基本的にほくろは「良性」ですが、中には「悪性」となり、健康に害を及ぼすものも。気をつけたほうがよいほくろの特徴とは?

ほくろから太い毛が生えるのはなぜ?

ほくろから太い毛が生えるのはなぜ?

ふと気がつくと、ほくろから毛が生えている。そんな経験はありませんか?なぜほくろから太くて立派な毛が生えてくるのでしょう?

ほくろとイボは何が違う?

ほくろとイボは何が違う?

イボとほくろとでは、でき方が異なります。しかし素人では、イボなのかほくろなのかを判断することは難しいものがあります。ほくろと間違いやすいイボとはどんなものでしょうか。

ほくろは予防できる?

ほくろは予防できる?

大きさや数の多さ、場所によっては気になるほくろ。果たして、ほくろは予防できるのでしょうか?ほくろができる原因と予防についてご紹介します。

取った方が良いほくろとそうでないほくろの違いとは?

取った方が良いほくろとそうでないほくろの違いとは?

ほくろを除去すると体に影響がある?ほくろを除去するにはどんな方法がある?ほくろ除去の不安と疑問にお答えします。

ページTOPへ