治療法治療法

手軽なレーザー治療

ほくろを除去するレーザー治療には主に「炭酸ガスレーザー(CO2レーザー)」を用います。
盛り上がりが4〜5mm以下のほくろに適し、治療時間が早くメスを使わないので簡単に行えるのが特徴です。痛みや出血はほとんどなく、術後は絆創膏などを貼るだけで、メイクは翌日から可能です。
術後は、紫外線に浴びると色素沈着を起こしやすくシミの原因となりますので、医師の指示をキチンと守り紫外線対策をすることが大切です。

炭酸ガスレーザーの特徴

皮下組織の水分に働きかけて治療を行います。皮下組織のほとんどが水分となっているので、炭酸ガスレーザーを照射することで、水分を含んだ皮下組織にレーザーが吸収されることで強力な熱効果があり、異常なほくろの色素組織のみを局所的に破壊し蒸発させてしまいます。
盛り上がっているほくろや比較的小さなほくろに適した治療法です。

治療時間はほくろ1個につき数分程。術後は最低2週間、照射した部分にテープを貼りますが、なるべく長期間貼っておいたほうがきれいに治ります。通常は1回の照射で完了しますが、
大きさやほくろの深さにもより2〜3回の照射が必要な場合もあります。痛みや出血もほとんどなく傷跡も目立ちにくいため、ほくろを除去する方法として人気のある治療です。

ページTOPへ