治療法治療法

手軽なレーザー治療

ほくろを除去するレーザー治療には主に「炭酸ガスレーザー(CO2レーザー)」を用います。
盛り上がりが4~5mm以下のほくろに適し、治療時間が早くメスを使わないので簡単に行えるのが特徴です。痛みや出血はほとんどなく、術後は絆創膏などを貼るだけで、メイクは翌日から可能です。
術後は、紫外線に浴びると色素沈着を起こしやすくシミの原因となりますので、医師の指示をキチンと守り紫外線対策をすることが大切です。

CO2レーザー施術風景
▲CO2レーザーに使用する機器

炭酸ガスレーザーの特徴

CO2レーザー施術風景
▲CO2レーザー施術風景

皮下組織の水分に働きかけて治療を行います。皮下組織のほとんどが水分となっているので、炭酸ガスレーザーを照射することで、水分を含んだ皮下組織にレーザーが吸収されることで強力な熱効果があり、異常なほくろの色素組織のみを局所的に破壊し蒸発させてしまいます。
盛り上がっているほくろや比較的小さなほくろに適した治療法です。

治療時間はほくろ1個につき数分程。術後は最低2週間、照射した部分にテープを貼りますが、なるべく長期間貼っておいたほうがきれいに治ります。通常は1回の照射で完了しますが、
大きさやほくろの深さにもより2~3回の照射が必要な場合もあります。痛みや出血もほとんどなく傷跡も目立ちにくいため、ほくろを除去する方法として人気のある治療です。

術後の経過

症例1:頬の黒子をCO2で除去した男性の症例写真の赤みが引いて目立たなくなっていく経過画像

高須幹弥医師からのコメント


治療前
治療前です。
頬の黒子をCO2レーザーで分解除去することになりました。

治療直後
CO2レーザー照射直後です。
黒子のあった部位が窪んでいます。

翌日
翌日です。
まだジュクジュクしています。

1週間後
1週間後です。
ジュクジュクはなくなり、乾いた状態になっています。

1ヶ月後
1ヶ月後です。
まだ赤みがあります。

3ヶ月後
3ヶ月後です。
だいぶ赤みは引きましたが、まだ少し赤いです。

6ヶ月後
6ヶ月後です。
ほぼ赤みは引きました。
症例2:CO2レーザーでほくろを除去

高須幹弥医師からのコメント


治療前
術前です。
CO2レーザーで治療することになりました。

治療直後
CO2レーザー照射直後です。
ホクロの根っこまで焼いているので、小さな穴が開いた状態になります。

1週間後
1週間後です。
乾燥しているので治療した部位にもメイクすることができます。

1ヶ月後
1ヶ月後です。
まだ赤みがあります。
赤みはメイクで隠すことができます。

3ヶ月後
3ヶ月後です。
だいぶ赤みは引きました。

6ヶ月後
6ヶ月後です。
ほぼ完全に赤みは引きました。
症例3:CO2レーザーでほくろを除去

高須幹弥医師からのコメント


治療前
治療前です。
頬のホクロをCO2レーザーで焼いてくりぬいて除去することになりました。

治療直後
レーザー治療直後です。
ぽっこりと小さな穴が空いていますが、これくらいの小さい穴であればほとんど平らになることが多いです。
皮膚が白くなっているのは局所麻酔の影響なので、1~2時間くらいで戻ります。

1週間後
1週間後です。
傷はほぼ乾燥し、ジュクジュクした感じはなくなりました。
乾燥していればホクロ除去した部位も普通にメイクして大丈夫です。

1ヶ月後
1ヶ月後です。
だいぶ肉が盛り上がってきて、平らに近くなりました。
まだ赤みがあります。

3ヶ月後
3ヶ月後です。
赤みはだいぶ引きましたが、まだ少し赤いです。

6ヶ月後
6ヶ月後です。
だいぶ赤みが引きました。
時間の経過と共にもう少し赤みが引き、更に目立たなくなります。
症例4:シミ(セボケラ、脂漏性角化症)をCO2レーザーアブレージョンで治療

高須幹弥医師からのコメント


治療前
治療前です。
小さな盛り上がったシミがたくさんあります。
局所麻酔注射をして、CO2レーザーアブレージョンで治療することになりました。

治療直後
直後です。
白くなっているのは麻酔の影響なので、2時間くらいで戻ります。

1週間後
1週間後です。
表面は乾いています。
赤みがあります。

2ヶ月後
2ヶ月後です。
まだ少し赤みがあります。

6ヶ月後
6ヶ月後です。
赤みは完全に引き、綺麗になりました。
症例5:CO2レーザーでほくろを除去

高須幹弥医師からのコメント


治療前
治療前です。
CO2レーザーで除去することになりました。

治療直後
CO2レーザーで除去した直後です。
根が深い黒子だったのでかなり窪んでいます。

1週間後
1週間後です。
かさぶたが張って乾燥しています。

1ヶ月後
1ヶ月後です。
肉が盛り上がってほぼ平らになりました。
まだ赤みがあります。

3ヶ月後
3ヶ月後です。
まだ少し赤みがあります。

6ヶ月後
6ヶ月後です。
だいぶ赤みが引いて目立たなくなりました。
年月と共に更に赤みが引いて目立たなくなります。
症例6:CO2レーザーでほくろを除去

高須幹弥医師からのコメント


施術前
術前です。
左頬に長径約7mmの黒子があります。
CO2レーザーで治療することになりました。

施術直後
レーザー直後です。
根が深い黒子だったので、少し窪んでいます。
周りの皮膚が白いのは麻酔の影響なので、2時間くらいで戻ります。

翌日
翌日です。
ややジュクジュクしてますが、表面にかさぶたがはり始めています。

1週間後
1週間後です。
表面はかさぶたがはってほぼ乾いています。
乾いていればお化粧して大丈夫です。

1ヶ月後
1ヶ月後です。
まだ赤みがありますが、だいぶきれいになりました。

6ヶ月後
6ヶ月後です。
ほとんど赤みは引き、目立たなくなりました。
症例7:CO2レーザーでほくろを除去
谷奈保紀医師からのコメント
施術前
小さいけれど黒みが強く、ぶつっと飛び出ているタイプのほくろ。1cm以下だったので、CO2レーザーを選択しました。
施術直後
レーザーを照射した直後は、少し皮膚がくぼんでいます。このくぼみは、時間が経つほどに徐々にフラットになっていきます。
1週間後
皮膚が再生されていく過程で、少し盛り上がり、赤みも出ています。顔全体で見たときには、さほど目立つような状態ではありません。
3ヶ月後
赤みが引きほとんど平らになってきました。もっと大きなほくろ場合は少しくぼみが残ることもありますが、色はなくなるので、ほんとんど目立たなくなります。
症例8:CO2レーザーでほくろを除去

症例のご紹介

■頬の黒子をCO2レーザーで分解除去した男性の症例写真の術前術後画像


(6ヶ月後)

高須幹弥からのコメント
20代男性の患者様で、頬にある黒子を取りたいというご要望でした。
診察させていただいたところ、左の頬に直径約5mmのほぼ扁平な黒子がありました。
不整な形状、染みだし、急速な拡大傾向もないため、悪性である可能性はほぼなく、美容的な治療の適応であると考えました。
黒子の除去には、メスで切開して切除し縫合する手術と、CO2レーザーで分解除去する方法の2種類があります。
この部位のこの程度の大きさの黒子の場合は、手術で切除するよりも、CO2レーザーで除去するほうが綺麗になるため、CO2レーザーで除去することになりました。
6ヶ月後には、元々あった黒子とほぼ同じくらいの面積の小さくくぼんだクレーター状の瘢痕が残りましたが、ほとんどわからない程度になり、患者様には大変満足していただきました。
もし、この黒子を手術で切除したら、短い傷で済ませようとすると、ドッグイヤーができてしまい、かえって目立つ傷跡になってしまいます。
ドッグイヤーができないようにするには、傷を伸ばさないといけないため、長い傷跡になってしまい、目立ってしまいます。
それを考えると、CO2レーザーで除去するのが、最も目立たない傷跡になり、抜糸に来院する必要もなく、料金も手術より安いので、患者様の満足度も高いです。
■CO2レーザーでほくろを除去


(6ヶ月後)


(6ヶ月後)

高須幹弥からのコメント
20代女性の患者様で、口もとのホクロをとりたいというご要望でした。
診察させていただいたところ、上唇のあたりにある小さな黒色のホクロで、盛り上がりはほとんどありませんでした。
ホクロをとる治療は、CO2レーザーで焼いて除去する方法と、メスで切除して縫合する方法(手術)があります。
これくらいの小さなホクロであれば、手術よりもCO2レーザーのほうが綺麗に治るため、CO2レーザーで治療することになりました。
治療は、まず麻酔クリームをホクロの部位に塗り、10分程度で皮膚の感覚が麻痺してきたら、極細の注射針で局所麻酔をします。
麻酔の注射はちょっとチクッとするだけでそれほど痛くなく、一瞬で終わります。
麻酔が効いたら、CO2レーザーを照射し、ホクロの根っこまで焼いて除去するだけです(2分くらいで終わります)。
根っこまで焼いて除去するので、治療直後は窪んでいますが、最終的には肉が盛り上がってきて、だいぶ目立たなくなります(ほとんど分からなくなることもありますが、わずかに窪んだ痕が残ることが多いです)。
■CO2レーザーでほくろを除去


(6ヶ月後)

高須幹弥からのコメント
20代女性の患者様で、顔のホクロを取りたいという御要望でした。
ホクロを除去する方法は大きく分けて2つあります。
1つはメスで切除したのち縫縮して、1本の傷にする方法。
もう1つはCO2レーザーで焼いてくりぬいてしまう方法です。
頬のホクロに関しては、切除縫縮手術すると、かなり長い傷跡になることが多いため、CO2レーザーで焼いてくりぬくことになりました。
術後は小さな傷跡がわずかに残りましたが、ほとんど気にならない程度になりました。
■シミ(セボケラ、脂漏性角化症)をCO2レーザーアブレージョンで治療


(6ヶ月後)

高須幹弥からのコメント
私自身の治療の症例写真です。
数年前からゴルフなどでよく紫外線に当たる影響で、徐々に頬にシミができてしまいました。
最初は平らなシミだったのですが、だんだん盛り上がって大きくなってきました。
平らなシミは通常のシミ取りレーザー(Qスイッチレーザー)で治療できるのですが、このように盛り上がったシミは、通常のシミ取りレーザーでは効果はありません。
そのため、局所麻酔の注射をし、CO2レーザーで削る(アブレージョン)必要があります。
治療はさすがに自分の顔を自分ではできないため、高須英津子先生にやってもらいました。
麻酔は、麻酔クリームを塗ってから極細の注射針で注射をするため、それほど痛くありませんでした。
治療自体は5分くらいであっという間に終わりました。
治療後6ヶ月ではほとんど赤みが引き、綺麗になりました。
シミは消えましたが、紫外線に当たると再発したり、他の部位に新たなシミができることもあるので、今後は紫外線予防をしっかりしようと思います。
■CO2レーザーでほくろを除去


(10ヶ月後)

高須敬子からのコメント
ホクロの治療のひとつにレーザー治療があります。麻酔クリームをぬってしばらくしてから、ホクロ自体に局所麻酔をします。局所麻酔はホクロ一個につき一回注射です。局所麻酔は予防接種よりも楽な痛みで、局所麻酔さえ頑張れば治療中無痛ですし治療後の痛みもなくて楽だと思いますよ。大きさにもよりますがレーザー治療は30秒~1分くらいで終わる事が多いです。ホクロの見た目を気にされる方、この方のように洗顔や洗髪でひっかかる事が気になる方等、ホクロをとりたい理由は人それぞれです。治療前に何でもわからない事は聞いて下さいね。
■CO2レーザーでほくろを除去


(6ヶ月後)

高須幹弥からのコメント
20代女性の患者様で、首の後ろにある大きな黒子をとりたくて来院されました。
直径約10mmの盛り上がった黒子でした。
このような大きな黒子は、切除縫縮手術をして1本の傷にするか、CO2レーザーで焼いてくりぬくか、2種類の治療法があります。
切除縫縮手術の場合は、黒子の直径の約4倍の長さの細い傷が首の横ジワに沿って残ります(この黒子の場合だと約4cmの傷になる)。
CO2レーザーの場合は、黒子の面積と同じか、それより一回り小さい面積の瘢痕が残ります。
また、切除縫縮手術の場合は約1週間後に抜糸に来ていただく必要がありますが、CO2レーザーの場合は特別なことがなければ術後に通院していただく必要はありません。
この患者様はCO2レーザーでの治療を選択されました。
術後6ヶ月の時点では肉が盛り上がってほぼ平らになり、赤みも引いてかなり目立たなくなりました。
■CO2レーザーでほくろを除去


(6ヶ月後)

高須幹弥からのコメント
左の頬の長径約7mmの黒子の除去希望で来院されました。
これくらいの大きさの黒子は、CO2レーザーで焼く方法と、メスで切り取って縫う方法のどちらも適応がありますが、値段が安く、術後の通院が必要ないCO2レーザーを選択されました。
1~2mmの小さな黒子だとほとんど跡形もなくなってしまうことがありますが、このような7mmくらいで根が深い黒子だと、少し窪みが残ることがあります。
この黒子の術後は少し窪みがありますが、ほとんどわからない程度になりました。
このような顔の盛り上がった黒子は、歳をとると大きくなることが多いので、早いうちに取ってしまったほうが跡が目立ちません。
■CO2レーザーでほくろを除去


服部良光医師からのコメント
鼻や口もとのホクロは、どことなくダサい印象を与えるもの。「食べ残し?鼻くそ?」などと言われるのも、イヤですよね。
この程度の小さなホクロの場合は、手軽なCO2レーザーで何事もなかったように。やや大きめのものは少しくぼみが残ることもありますが、色はすっかり無くせるので、ほとんど目立たなくなりますよ。
■CO2レーザーでほくろを除去


清水弘己医師からのコメント
小さな頃からあったホクロ。だんだん大きくなってきたような気がしていたので、早いうちに取ってしまおうと来院されました。直径5ミリ程度だったので、なんとかCO2レーザーで対応。施術跡が残ることもなく、とてもきれいに仕上がりました。
ホクロは年齢とともに大きくなっていきます。大きくなればなるほど施術跡が残りやすいので、気になっているなら早めに取ってしまうのが良いですよ。
■CO2レーザーでほくろを除去


日下志厳医師からのコメント
CO2レーザーで口もとにあったほくろを除去しました。施術後は、跡が残ることもなく、美しい口もとに。CO2レーザーなら痛みもほとんどなく、5分ほどで治療も完了しました。ほくろがなくなるだけで、口もとの印象がずいぶん変わりますね。
■CO2レーザーでほくろを除去
ビフォーアフター

施術をもっと詳しく(高須クリニックへ)施術をもっと詳しく(高須クリニックへ)

美容整形なら高須クリニック

ページTOPへ